wifi

Android活用サイトAPPmaxの用語解説コラム「今さら聞けない!スマホ用語」。今回解説するのは「Wi-Fi」だ。

※今さら聞けない!でも知りたいスマホ用語はappmax@livedoor.jpか、 APPmaxのTwitterアカウントまでご連絡ください!

■「Wi-Fi」はブランド名
Wi-Fi(Wireless Fidelity)とは、Wi-Fi Allianceという業界団体からの認定を受けた、無線LAN機器間の相互接続性を認証されたブランド名。

ノートPCやスマホといった、モバイル機器をインターネットに接続させることを目的に作られた規格だが、近年ではPSPやニンテンドーDSなどの携帯ゲーム機との連携も一般的になっている。

■モバイルWi-FiルーターとWi-Fiスポット
Wi-Fiを利用できる環境は、大きく分けて2つある。

1.モバイルWi-Fiルーター
持ち運び可能な3GやWiMAX回線を利用して、WiFiルーターをつかって、Wi-Fiの電波を受信する方法。電波を受信できる範囲でならどこでもWi-Fiに接続して3GやWiMAX回線で通信することができるため、外出先でのインターネット接続をする人にとって便利。

モバイルWi-FiルーターはNTTドコモ、イー・モバイル、UQ WiMAX、日本通信、といった通信キャリアから発売されている。

また、auから発売されているスマホ「HTC EVO WiMAX」は、3G回線とWiMAX回線が使えるWi-Fiルーターとして利用することができる。これにより、電波状況にあわせてインターネットやテザリングすることができる。

2.Wi-Fiスポット
カフェやファーストフード店などに設置された光回線などを利用して、Wi-Fi接続でスポット内で電波を受信する方法。無料で接続できるスポットと有料契約が必要なスポットとがある。

モバイルWi-Fiルーターよりもコスト的には安価で、高速な通信速度を利用できるので、外出先でも所定のスポットでのみインターネット接続をしたい人にとって便利。

主なWi-FiスポットサービスとしてFON、ホットスポットなどが挙げられる。

■「無線LAN」と「Wi-Fi」って違うの?
無線LANは広くケーブルレスでインターネットに接続することを指すが、Wi-Fiは無線LANを利用したインターネット接続のブランド名を指す。なので、先述した業界団体Wi-Fi Allianceに認定されていない無線LANスポットは「Wi-Fiブランド」を名乗ることはできない。

記事執筆:久野 太一


APPmaxアプリのダウンロードはこちら

今さら聞けない!スマホ用語辞典のオススメ記事
これからのスマホ選びに欠かせない「テザリング」とは?
スマホ操作が直感的なのはなぜ?秘密は「センサー」にあり!
ドーナツにエクレア…Androidのコードネームに隠された秘密