P1180368

5月17日に都内でauの2011年夏モデル新機種発表会が行われた。発表されたスマートフォンは全6機種で、中でも注目を浴びたのは、フィーチャーフォンで人気を博したブランドのiidaとG'zOneのAndroid参入だった。

G'zOneはフィーチャーフォン時代と同様に、耐衝撃・防水・防塵仕様や、海外でも使用できるGMS対応など、G'zOneブランド特有の特徴を踏襲している。

G'zOne専用アプリのG'zGEARはAR機能やモーションセンサーといったスマートフォンならではの機能を生かし、アウトドアシーンでの実用性がさらに向上している。


■地球を感じるアプリG'zGEAR
G'zOneシリーズで人気のアウトドア向けアプリG'zGEARは、スマートフォンとの相性が抜群。搭載された機能は次の通りだ。

・EARTH COMPASS:任意の場所を登録して、コンパス上に表示できる。
・SEA TIDE:満潮と干潮の時間帯を調べることができる。釣りに応用できる。
・TRIP MEMORY:日本国内で訪れた場所の緯度・経度・時間を登録できる。
・SUN/MOON:日の出・日の入りの時間帯を調べることができる。
・THERMOMETER:温度センサーでマイナス20℃~60℃まで計測できる。
・STAR PLATE:GPS・方位・モーションセンサーを使い、カメラを向けた方向の星座と、星座にまつわる神話や伝説を見ることができる。

筆者も実際に使用してみたのだが、機能の充実はもちろん、デザイン性にG'zOneらしさが現れていた。中でも興味深かったのはSTAR PLATEで、日中でも、屋内でも空にカメラを向ければ星座のチェックができるところがスマートフォンらしい機能だ。

■手に吸い付くフィット感
G'zOne独特の重厚なフォルムは、注目を集めることうけあいだ。一見ずっしりと重そうに見えるが、手にとってみたところ、見た目ほど重たいと言う印象はなかった。背面のバッテリーカバーにはダイヤモンド形状の凹凸加工が施してあるため、手に吸い付くようなフィット感が好印象だった。

P1180260

(久野太一)

au by KDDI