無題

Android活用サイトAPPmax今回の特集はauのIS04こと、レグザフォンのワンセグをレビューしよう。

東芝から発売されている液晶テレビ「レグザ」の技術をスマートフォンにも採用して誕生したIS04ことレグザフォン。防水対応と約4インチの大きな液晶で映し出されるワンセグテレビが話題となり、Androidの認知度を高めるヒット商品となりました。

今まで使っていたケータイでワンセグを使っていた人は、ワンセグの画質や電波の受信感度などが気になると思います。今回はレグザフォンでワンセグを実際に使って、気になるポイントをチェックしてみました。

APPmaxアプリのダウンロードはこちら

■モバイルレグザエンジン3.0ってなに?
レグザフォンに搭載された「モバイルレグザエンジン3.0」の特徴は3つあります。

超解像技術:レグザの高画質技術をベースにスマートフォンに最適化し、リアルタイムの画像処理に強い機能。つまり、ワンセグやUstreamなどの、ストリーミング再生(データを受信しながら再生する方法)に強いということですね。

オート画質調整:周囲の明るさにあわせてディスプレイの光度を自動調節する機能。外出先で利用する機会が多いワンセグだけに、明るいところでも暗いところでも見やすく調節してくれるのはうれしいですね。

ノイズリダクリョン:ワンセグで発生するノイズを除去する技術。今までのワンセグの画質は少しザラザラとしてしまう印象でしたが、レグザフォンはなめらかでクッキリとした画質が楽しめます。

つまりモバイルレグザエンジン3.0とはワンセグに限らず、レグザフォンで再生する動画全般のパフォーマンスが向上しているということですね。

■実際にワンセグ視聴をしてみた
さすがに4インチの液晶で見るワンセグは、既存のケータイ電話で視聴するワンセグよりも迫力がある印象。画面が大きくなると、画質が悪くなる気がしますが、むしろ画質はクッキリとなめらかでこれまでのワンセグの概念を打ち破るものと言えます。

もちろん液晶テレビと同じくらいのクオリティ、というわけにはいきませんが、テロップの細かい文字を読むこともできるほどです。

■録画はできるが、予約録画ができない
レグザフォンのワンセグには録画機能がついていますが、時間や番組を予約して録画することはできません。非公式ながら、予約録画ができるアプリもありますが、動作が不安定で現時点では実用レベルではありません。アップデート後の対応を期待したいところですね。

■ライターコメント:家電チックなデザインが刺激的
はじめてレグザフォンを見たときデカいなぁ、と腰が引けてしまったが、しばらく使い込んでみると、大きすぎるという印象も消え、逆に家電チックなデザインがクセになってきた。

これは感覚的な話なのだが、街中で見かけるレグザフォンユーザーはガジェット好きな男性よりも、若い女性のほうが多い気がする。ガラケー機能も備え、ストラップもつけられるようになったスマホに興味を示した女性が多くなったということなのだろう。

ワンセグの解像度は見事の一言だが、正直予約録画ができないのは痛い。番組の開始時間を忘れずに手動で予約開始すれば問題ないけれども、見ることができないときに録画をするわけなので、どうにかして改善してほしいところだ。
(久野太一)

■レグザフォン特集まとめページはこちら